憚りながら、学生になります故、学校に初登校しました。
オリエンテーションは座るのみ。懇親会はコロナで没に。
初日は座席は自由だったようで、私は一番後ろの隅っこに座った。こわわ……
クラスメートが全員、陰キャに見えた……少し油断した。
ついでに、学園生活に、出会いはなさそう。
色ペー先生はいたのだが。あの先生の講義を受けることはあるんだろうか。
もう、オワタ……
私は学生時代に彼女とかできたことない。学生に出戻っても実現はなさそうだ。

しかし、私は今は一応……彼女はいるんでしたっけ?
春の桜の散華と共に終わるものだと思っていたが……
学校で彼女できねーやと諦めた途端、小島慶子似の例の女性を未だ切らずに留保されたことに安堵を覚える。ずるい男だな…

(ここから、新たに更新しています……)

昨日はクラスで自己紹介をする機会を与えられました。5分以内で生徒に教師に己をPRするのです。志望動機や将来の展望、その他、好きなことを敢然と語るのです。
私はその日までに同志諸君のブログに助けを求めていました。参考になるは――

『そわそわ草』『つらつら草w』氏

この無職・ニートのカテゴリーの中で学生している唯一のブロガーと思われる。
私が大学生だった失敗が、蘇ります。彼の新学期に自らを重ねました。私もパニックになった。『明日に怯える』――私もだ。

虐殺男氏『逆境男』氏

「太陽の子児童クラブ」のニュースについて思うことにて、皆の前で自己紹介ができずに泣かされてるパワハラ女子の記事にビビりました。その日、自分がこうなるのではないかと……

私は前夜から、PRの文章を書いて用意して練習しました。これの通りに言えば、大丈夫だと。イメージトレーニングも繰り返しました。むむむんと。イメージの私はかちょいーのです。
当日は人前に立つのだからとわざわざスーツを着て正装しました。

さて、当日、個々のPRが始まり、自分の順番が迫ると、びびります。
なによりも……PRしている生徒の方々の経歴に感嘆する。
生徒が実は皆、百戦錬磨のツワモノばかりだと知る故に。
陰キャとかなんとかいっていたじゃねーか――畢竟、チー牛は自分一人だけだった。
皆、アウトローだった。人前に立つことも臆さず、理路整然と即興でPRしていた。
夜学ですから、地方から来てる人も大勢で。90分も時間を要して通学してる人も。徒歩で通学しているようなくそニートなんて俺だけじゃねーか……Just Only One

自衛隊の元レンジャーとかいた。ハリケンジャー?(空耳)特殊部隊の活動による傷痍で除隊後、預金が小泉政権で銀行が潰れて、貯金がパーになったそう。人生が戦場か。

PRで私より喋れていない陰キャがいたとか思ったら、33歳までに脳溢血を起こした過去があったそうで、それの後遺症と思われた。サバイバーだ。

この私なんて、今まで腹が減ったこともなければ、喉が乾いたこともねーぜ(ハナホジー)がはは……🤪

皆様方の過去と半生に拝謁し、私の番が迫ります。震えます。ぷるぷるぷっそん……
あわわわわ!

あわわわ!

あわわ!

貫録たっぷりカリスマ性に溢れた予定の私のPR↓

「立てよ国民!」

現実のおれ↓

「そそそそそそそそ(早口)」

パリピで陽キャなアピールとかしようと思ったが、やめた。
異色の経歴で普通じゃない感を出そうとしたが、やめた。
なのに、独身です!とか抜かしたのは間抜けだったと思う。
謙虚を求めるあまり、卑屈に。
せめて、無キャのカテゴライズは嫌なので、アナログでレトロなアピールはした。演歌が好きで和歌が好きですとか。……しかし、それが一体、何のアピールになったというのだ……

話そうとしたことはあっという間にしゃべり尽くし、更に話そうとしたことは断念したために時間があまり、なんか質問ありますか?とか、人さまにフォローを求めるこの無様。
先生も気の毒そうに見えたのが、話すべき『将来の展望』を私だけ割愛でした。
情けない……

そして、昨夜、私は悪夢💀を見ました。
アジア系へのヘイトクライムに対する抗議運動をしているNYの只中にいた。
デモに逆上したその数を凌駕する白人の集団が有色人種を攻撃し始めた。
黄色は白に囲まれて……
まるで、『ソンミ村の虐殺』が再現される前触れだった。
居合わせた私は止めようとしたが、気づけば、私は日本人ではなく、自分でもなく、白肌金髪のポピュラーなジャスティン・ビーバーの姿になっており、うひょー!とか喜び勇んで、アジア人を指差して、やっちまえーとか叫喚している悪夢だった。
にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ
にほんブログ村